FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

嗅覚を刺激し、手仕事にいそしむ時間

2016/01/14
washioshitatesou.jpg

こんばんは。

昨日は、和紙☓アロマ コラボワークショップ
「和紙で作る薔薇のアロマ加湿器♪」でした。

こちらのコラボワークショップは、昨年の秋から
日本の土地ではぐくまれる和精油や和紙の魅力を
もっと人々に知ってもらいたい!という思いもあって、
四天王寺にある「和紙のお仕立て荘」さんと一緒に企画・実施しているものです。

washiaroma20160113_7.jpg

washiaroma20160113_6.jpg

まずは、香りのワークショップからスタート。

限られた時間ということもあって
このワークショプでは、アロマテラピーとは?といったお話はほとんどしません。

どちらかというと、香りを感じてもらうこと、
また、和精油の香りがどのように作られているか、などの
バックグラウンドストーリーなどをお話しています。

suginosei9-001.jpg

精油一滴一滴にこめられた
生産者さんの想いを香りと共に伝えたい
そんな思いがこもったワークショップです☆

そして、一通り香りを確認したあとは
オリジナルの香り作りのスタートです!

香りをブレンドする際も
簡単なコツのようのものはお話しますが
基本このワークショップは「自由!」にブレンドしていただきます(笑)

最初はちょっと戸惑う方もいらっしゃるんですが、
香りをブレンドする楽しさのエッセンスを
知ってもらいたいな~って思っています。

1滴でかわる香りのハーモニー
まさかこの精油と精油が合うの?などなど
実際に体感してもらうと驚きもいっぱいです。

ちょこちょこアドバイスはしますが、
やっぱり自分で悩みながら作った香りって特別だし、
自分にとって必要ないい感じの香りになるんですよね~~
不思議です。

嗅覚は正直なので
その時に必要な香りを選んでるのかな、って思います。
好みは10人10色、だからできるあがる香りも無限大です♡

washiaroma20160113_4.jpg

この日も最後にはとってもステキな天然香水が
参加者様・6通り、できあがりました☆
ぜひぜひ、和紙薔薇と共に香りを楽しんでくださいね。


香りのワークショップで嗅覚をフル稼働させた後は
手とちょっぴり脳みそも使う?和紙のワークショップのスタートです🎵

washiaroma20160113_2.jpg

今回のワークショップのために厳選された楮和紙の説明に始まり
加湿器にした場合、どうなるかの実演まで。(まるで実演販売!?笑)

そして、本題の!和紙薔薇作りに突入です~

washiaroma20160113_3.jpg

平面の和紙が・・・
工程を重ねていくうちに立体になっていく。
ちょーーーと、女子には複雑でしょうか、、、
何度もやってる私でさえも、あれ?あれ?おかしいぞ?な場面もあって
「なんでやねん!」とつっこまれながらも

途中、頭がわけわかめ~という感想も頂きながらも

washiaroma20160113_1.jpg

はい!完成すると、こんな素敵に出来上がるのです!
そして、この達成感がやめられなくなる和紙薔薇なんです


時間を忘れて夢中で何かをする。
それも楽しみながら。
そんな時間、大人になると...なくなりがちだけど
時にはそんな時間があってもいいですよね。
みなさん、ほんとにいい顔されてました~

washiaroma20160113_8.jpg

ワークショップに ご参加いただいたみなさま、
楽しい時間をありがとうございました☆

みなさんから頂いた感想はまた後日掲載させて頂きます♪
どんな風に活用されてるかなども教えてもえると嬉しいです。


和紙×アロマのワークショップ、次回は1/18です。

お蔭さまで満席となっておりますm(__)m
が、開催リクエスト頂ければ、別日でも開催調整してみます。
あーやっぱり気になる!って方がいらっしゃったら、
是非お問合せ頂ければと思います

お問合せ先: tiroiraroma@gmail.com


ランキングに参加しています。読んだしるしにクリックをお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

スポンサーサイト
20:00 講座・ワークショップレポート | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。